よしパパ diary

2年半の育児休業を経て、ワーキングファーザー(?!)2014年10月生まれYOSHIのパパによる育児の記録です。

ギターの発表会でした

YOSHIくんが今年1月から続けているギター。先月、発表会に向けての練習会に参加しましたが、今月はとうとう発表会の日を迎えました。

当日の土曜日は、毎週、朝から体操教室があるので、体操教室を終えたらすぐに着替えて会場へ向かいました。電車に乗って、会場となっている音楽学校へ。ギリギリ集合時間に到着すると、朝から準備を進めてくださっているギター教室の生徒さんたちと先生が、まだ忙しそうにされてました。こんなみなさんの運営があるから、YOSHIくんも舞台に立たせてもらえるんですね。ありがたいことです。大人の方がたくさんおられる中に混ざって、まずは記念撮影。最年少タイのYOSHIくんは、先生の隣の一番いいところに座らせていただきました。

記念撮影が終わってから、出番までが長い。他の生徒さんたちの発表を聴いて楽しめればいいのですが、YOSHIくんには音楽を聴くためにただ座っているなんてこと、まだまだできないようです。ロビーで遊んで待つことにしました。いつもよりも、やや元気ない様子のYOSHIくん。最近、花粉症のアレルギー症状で体調悪そうなので、今日はちょっと無理させてるかな。体操教室から続いてギター発表会なんて、さすがに疲れるかな。まさか、緊張なんて知らないだろうし。今日は出番が終わったらすぐに帰ろうかなんて話していました。

そして、出番を待つ楽屋へ。大人のみなさんが練習しています。そんな中、ギターをチューニングしてもらい、一緒に演奏してくださるお兄さん、お姉さん方と対面。5人で「ミッキーマウスマーチ」を演奏します。YOSHIくん以外には、2年生、5年生、高校生、大学生のお兄さんお姉さんが伴奏してくださいます。

YOSHIくんの出番は15時。舞台の下手から5人入場。お辞儀の練習も、レッスンでしたのに、YOSHIくんをきっかけにお辞儀するって言われてたのに、突っ立っています。お姉さんが代わりにお辞儀を始めてくれました。そして、真剣な表情で演奏。間違いなく、ちゃんとギターの音を響かせることができました。ソロの部分も問題なくこなすことができました。退場は、椅子の後ろにまわり、上手へ歩いていくことを教えられたはずなのに、まったく気にも留めていない様子。もっとうるさく言っておけばよかったかなー。仕方ない。

出番を終えたら、すぐに帰らせていただいたのですが、帰路は大きな声も出して、元気いっぱい。あら?心配しなくて良かったの?という感じ。ま、何事もなく終えることができてよかったです。

舞台のあつらえてもらって、先生方にも、一緒に演奏してくださる方々にも、貴重な機会をいただいたのに、お礼もちゃんとできないままになってしまいました。YOSHIくんは、この機会をどんなふうに感じていたのでしょう。YOSHIくんにとっては、初めて出会った保育園以外の社会。年上の人たちがいっぱい見ている中で、年上の人たちと一緒に音楽を奏でたという事実は、きっと成長につながる貴重な経験になったに違いない。今はなにも感じていないかもしれないけど、これから先、また違う何かに出会った時に、この経験を活かしてくれることを願っています。こんな機会を与えてくださったみなさんに、改めて感謝です。

f:id:yoshipapan:20200927085635j:plain